未分類

セミナーを受けても変われない本当の理由!

私のセミナーでお伝えすることは、結果を作ってきた人が実践してきたものです。
つまり、成功への最短ルートをお伝えします。

セミナーを受けても結果を作れない方にはある共通点があります。
これは、どんなセミナーに関しても言えることです。

それは、「すぐに自分流にする人」です。

セミナーを受けに来られる方の大部分が、
「自分が求める結果を作れない」という問題を解決するためにセミナーを受講しています。

その解決策をセミナーで受け取ったのに、
「自分に合わない」「なんか取り組みにくい」「オリジナルがいい」というような理由で、
“自分流”にしてしまいます。

自分流 = 結果を作れない今までの自分に戻る

今までと違う取り組みをすれば、違和感があるのは当たり前です。
その違和感が何であるかをちゃんと考えなければいけません。

人の体には「恒常性維持機能」という働きがあります。
体内に異常が発生した場合、元の状態に戻そうと「「恒常性維持機能」が働きます。
風邪をひいて高熱になった時、大量に発汗しますね。
これは、体が発汗によって体温を下げようとしているのです。
これが「恒常性維持機能」です。

「恒常性維持機能」は学習などの取り組みでも働きます。
今までと違う取り組みをすると違和感があるので、違和感がない状態にしようとします。
思考に「恒常性維持機能」が働くのです。新しい取り組みをやめる理由を探し出します。

「自分流」は、なんか工夫している感じで耳障りはいいのですが、
「結果を作れなかった今までの自分に戻るための方法」になってはいけません。

違和感を感じた時は【一時停止ボタン】を押して、ちゃんと内省しましょう。

変化のための違和感であれば、
その違和感を受け入れて、「結果を作れる自分」に変えていきましょう。

PAGE TOP